2017-07

移住動機は満員電車 マイエンザのお話し

 
沖縄は慶良間で出会った女性は
スキューバダイビングをしつつ
看護師として働く東京からの移住者
満員電車は人の生き方すら変える存在です

私は匂いがダメでした
負の業しか詰まってない箱の中で
負の空気が様々な匂いに変り
鼻呼吸が出来ず口呼吸
やっててよかった
スキューバダイビング

これだけ匂いに敏感で
苦手なものも鼻で感知なまでなのに

人生は昇り坂下り坂
《まさか》
この先の人生
このとてつもなく臭い
でもとてつもなく効果がある
この「マイエンザ」を
手放す日が浮かばない
ここまで【負】を前倒しする潔さが
ツボにはまりまくりです
すでに3年ほど
猜疑心の塊なので
臨床人体実験を続け
納得の上での今回ご紹介です(*´艸`)

こちらもホームページにご紹介しています
https://sodow.jimdo.com/what-s-マイエンザ/
ブログではちゃんと伝えましたよ
臭いですっと(*・`ω´・)ゞ

お客様方で興味持たれ
ご家庭で作られて楽しまれてます
植物にもいいって
雑誌にも載ったらしく
一日の終わりにキッチンにスプレーがお約束
窓にいいとか
洗濯にいいとか
皆さまの感想がまた和を広げます



此度もご覧いただきありがとうございました
ここしばらくホーリーバジルや
マイエンザのご紹介
お気づきかもしれませんが
新menuがもう少しで完成です
この暑さでデザートたちにも
引退宣告騒ぎでてんやわんやしています
蘇堂の裏メニューもにぎやかに
那古支局も動き始め
勢いマシマシ蘇堂です

明日からまたどうぞお待ちしています
11:30よりご利用ください




スポンサーサイト

セルフパワースポット!! ホーリーバジルのお話



毎年この時期にホーリーバジルの種子を育てだします
夏から秋にかけて立派に花を咲かせる様は
煮えたぎる陽射しに干からびる心と身体に力をくれます

姿凛々しく
薫りやさしく
食べて体調を教えてくれる
誰に強いられる訳でもないのですが
私の夏仕事です


あんまり楽しくなったので
ご希望のお客様には
ご来店時にお譲りしています
毎年のことなので
様々なドラマが生まれました
ご近所でも交流はなかったお二人が
それぞれのお庭にホーリーバジル
出元がここだと知り
お話に花咲きご一緒にご来店くださりました
それからはご一緒に過ごされることも多く
ホーリーバジルの嬉しいえにしです

私共には心強い味方がおりまして
どうにも体が言うことを聞かないときに
長狭にあります
はるまる先生を頼ります
治療院の先生でして
神の手で助けてくれるのですが
先生のお庭にもホーリーバジルが咲き乱れ
あのえにしかなかったら
ここまでホーリーバジルに傾倒しなかったでしょう
おかげさまで強き味方の存在で体の芯が強化なのか
長狭に自分達は行かずとも
お客様にご紹介しています

ホーリーバジルの育て方をホームページに掲載しました
https://sodow.jimdo.com/ホーリーバジルの育て方/

最初がとりあえず肝心で大きくなったら
もうほっといても安心のズボラ思いの育て易さ
摘芯すれば逆三角スタイルに
お客様からの色々な質問をまとめたものです

お庭に、プランターでベランダに
室内でも育つ
ご自宅をパワースポットに

どうぞお楽しみください




【ご紹介】旬菜蘇堂のご挨拶

旬菜蘇堂 しゅんさいそどう

それは布良cafe食堂 蘇堂の新しい形


毎日の食卓の華やぎに
親しい方へのお手土産や
ご自宅にて旅行記念の晩餐に

素材とじっくり向き合い
作り上げた姿は
きらめく宝石のごとく



取扱店は とれたて市場 健人館になります

そド甘酢


完全職人仕込みのため
数に限りが生じますので
お見かけの際は
レアものとして
是非ともお楽しみを





【ご注意ください】
旬菜蘇堂は健人館のみの扱いです
旬の素材で作り上げるので
素材変更の場合が生じます

好評のいえそどフローズン系は
売切れ御免が多いのですが
やはりレア状態で店内販売継続中です

写真のソドあまずは現在
オムライス
蘇堂デラックス
旨味鯖の冷製カレーで
お楽しみいただいております














けっぱれ九州 ◇We are the world◇ 

月末ということで
熊本、九州地震災害義援金
通常のものと含め
送金させていただきます

ご理解ご協力ありがとうございました

小さな男の子が
自身のお財布から募金を
帰宅時にお小遣い帳に記入のため
紙と鉛筆が必要になったり

くまもん不在のために
私物のトッポジージョを選任させ
懐かしいとか初めてだとか
笑いながら後ろにお釣りを落としてくださった
お客様方ありがとうございました

暖かいみなさまの想いと私どもの願いをこめ
Yellを送らせていただきます


WeAreTheWorld.jpg

感謝の思い
ちいさなえにしがありました

この頃をご存知の方には
あの時分の熱量と
その後に包み込んだ闇が
懐かしさとともによみがえるやもしれません

でもこれだけの時間が経った時
今を生きる人たちが
この歌を朗らかにくちずさんでいるのを聞いて
この歌の圧倒的なエネルギーを
改めて知ることができました
生きながらして歴史を体感する想いです

1964年12月11日にあんなことさえ起らなければ
確かにあの場にもうひとり
Sam Cooke
michael jackson と
肩組んでたりしたりして
あぁ見たかった 観たかった^^


It's true we'll make a better day
Just you and me

6月の蘇堂もますますのご贔屓を
食べる幸せbetter day
どうぞ大切な方と
ご来店くださいませ







Mr.Keith Emerson の訃報に寄せて 心よりお悔やみ申し上げます

突然のご逝去を悼み
謹んでお悔やみ申しあげる想いであふれます

在りし日のご来店いただきましたお姿を偲び、
心からご冥福をお祈りいたします

Deep Japanな空間、しきたりを
穏やかに皆様とお楽しみいただき
とても嬉しく
また励みになりました

海外からの観光でのお客様にも
幾度と座られたお席を聞かれています

様々なニュースが飛び交ってはおりますが
あの時の優しい笑顔が今もこれからも
素晴らしき音楽とともに
私共の記憶に只々輝くばかりです
あの時の日本の悲しみを包んで下さった事、感謝でいっぱいです

ご家族皆様のご心痛いかばかりかと
お察し申しあげますとともに、
安らかなご永眠をお祈りいたします



We are all deeply shocked to hear of the sudden death of Mr.Keith Emerson
and we would like to offer our deepest sympathy.



海を越えたお客様の突然の訃報を聞き
心に大きな石が落ちました
靴を脱いで上がるのも
畳にじかに座るのも
戸惑って当たり前のはずなのに
穏やかに笑って受け止めてくださった
初めての異国のお客様でした

南房総素材のスープをサラダを喜び
ライスでスプーンで食べるカレーを
興味深げに召し上がってくださいました

私的に映る今回のブログをお詫びしつつ
5年前の悲しみに寄り添ってくれた楽曲を
リンクとしてご準備しました
どうぞご堪能ください






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Bull工房

Author:Bull工房
布良cafe食堂 蘇堂は
昼間のみの小さな洋食屋です

千葉県館山市布良306-1
月.火定休

HPは左下のリンクにあります
どうぞ御覧ください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
新menuのお知らせ (121)
営業日及び時間変更のお知らせ (17)
蘇堂オーナー便り (3)
女将の徒然紡ぎ (41)
南房総便り (11)
蘇堂便り (27)
蘇堂のまわりの素敵なお店 (2)
Befor 蘇堂 (17)
始めましてのご挨拶 (1)
蘇堂のお知らせ (2)
English Menu Available (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR